後回しになっていた息子のストロー練習…これでやってみたらものの数分でストローが使えるようになった!

現在10ヶ月になった息子。

ストローで水分を飲めるようになったのは9ヶ月の時の話なのですが、何となくやってみた練習ですぐに飲めるようになったのでその方法をご紹介したいと思います。

そもそも夏の時点でストローで飲めるようになってくれたら暑い時や離乳食時の水分補給が楽なのになぁと思っていたのですが、ついつい後回しになってしまい、何もする事なく9ヶ月を迎えてしまいました。

上の娘の時は、手を掛けて時間も取ってストロー練習していたのですが、2人目になるとやらなきゃ、やらなきゃという思いばかりで時間が経つだけ(^^;; ごめんよ、息子…。

という事で、重い腰を上げストロー練習する事に。

スポンサーリンク
広告大

スパウトなんかも使わない!直接やってみる!

これで失敗しても焦らず、いつかは出来るようになるさ!という気持ちで挑みました。

用意するものは、ストローコップ

  

中身は麦茶です。

これを片方だけ指の腹で押さえて麦茶を先端に少し溜めます。

もう少し短いストローでも良いし、長いストローを切って使ってもd(^_^o) ご家庭や子どもさんに合わせて下さいね。

こんな感じで、空気をシャットアウトして先端に溜めた麦茶を子どもの口に持って行き、飲ませます。

これで終わりです。練習終わり。

たったこれだけなのですが、これを2、3回繰り返してから、今度は直接ストローを口に持って行くとたどたどしいながらも息子は吸ってくれました。

時間にするとものの数分です。

息子はそれまでスパウト類も一切口にしておらず、離乳食の時の水分補給はスプーンで行っていました。

本当に初めてのストローだったのですが、ストローを口に持って行くと『おや?…何か出た!麦茶だ!』(息子の心の声…と思われる)みたいな感じでゴクゴクっと飲んでくれました。

ストローを先延ばしにしていただけあって大雑把なやり方ですが、簡単ですので試してみて下さいね(^ ^)

一度でも成功するとストローで吸うのも段々上手くなりますので、あとは回数を重ねて見守ってあげて下さい。

失敗してもいつか出来る!という気持ちとお金もかかってないしまぁいいか(これがある意味1番大事)という気持ちで挑むと案外すんなりいったりします。

あ、あと用意するコップには麦茶などの水分は並々入れて下さい。かさが増すと少し吸っただけで水分が出て来るので赤ちゃんもコツが掴み易いです。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です