大丈夫!『お赤飯の素』なら難しくない!七五三・お正月・初誕生・お食い初め…沢山あるお祝いごとにお赤飯を炊いてみよう!

先日、娘が七五三を迎えました。

子どもが生まれてからこの3年、沢山のイベントがありましたが、私恥ずかしながらお赤飯を炊いた事がなかったのです。

母が炊いてくれる事に甘えっぱなしで…今回の七五三も母が炊いてくれると言っていたのですが、体調を崩してしまい急遽私が炊く事に!
何の準備もしておらず、七五三は目の前に迫っておりましたので今回は井村屋の『お赤飯の素』にご協力頂きました!

スポンサーリンク
広告大

炊き込み御飯を炊くような感覚ですぐ出来た

  

白米で作れるお赤飯の素です。

もち米を混ぜる事でより本格的なお赤飯になると書いてあります。

  

3合用を買いましたが、4合欲しかったのでもち米3合+白米1合で炊きました。4合の場合お塩を足すように書いていますが、私は入れずに炊きました。塩入れなくても十分美味しかったですよ。特に違和感なしです。

  

まずはもち米3合+白米1合を洗って水切りします。

  

水切りしたお米を炊飯器に入れ、お赤飯の素を投入!

  

4合の目盛りまでお水を加えよく混ぜます。更に水100cc追加します。

これで準備は終わり!簡単ですよね!

後は白米メニューで炊くだけです。

が、私説明書きを最後まで読まずにここまでの準備を終えてしまったのですが『タイマー予約で炊飯しないで』と書いていたのにタイマー予約で炊いてしまったのです…。

その出来映えは…

  

ジャジャーン!

見た目は合格じゃないですか⁉︎

  

おひつに入れて冷まします。

小豆もしっかり!

タイマー予約でも何とか問題なく炊けました。

しかしちょっとお米が柔らかいような気もします。

水が多かったのかな。

この辺は調整する必要がありそうです。

それでもお味は申し分なし!小豆も粒がしっかりして存在感ありますし、とてもお赤飯の素には思えません。

今から長男の誕生日も控えている我が家。

お店で頼むお赤飯はお金もかかりますからお赤飯の素に助けて貰おうかなと思います(笑)

季節的にはお正月もありますし、小さいお子さんがいらっしゃる家庭ならお食い初め、初誕生、七五三、お祝いごとにはお赤飯欠かせませんよね。

お手軽にパパッと準備出来るから子どもさんに手がかかる時期でも煩わしさを感じません。

是非一度お試しを!

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です