2歳の娘のお風呂事情〜水が顔に掛かるのが怖い〜

2歳になる娘ですが、温泉が大好きです。温泉行こ〜!とジジババにねだるぐらい。家のお風呂はそこそこといった感じで、1日1回は入るもの、習慣と感じているようで激しく嫌がるような事はありません。

ただ顔にお湯が掛かるのが嫌なようで、すぐに『目目入った〜目目入った〜』とベソをかきます。ちなみに実際には目にお湯は入っていません(笑)だから髪の毛を洗う時は未だに赤ちゃん抱っこで膝の上に乗せて顔にお湯が掛からないようにシャンプーしています。

娘はいつも極楽顔をしていますが、洗う方は結構大変。落ち着きのない2歳児を膝に乗せ、ちゃんと泡が落ちているか丁寧に洗う作業は面倒…ここを短縮出来ればお風呂時間ももう少し短くなるのでは?と毎日思いながらも娘が怖がるので赤ちゃん抱っこ洗いの日々です。

スポンサーリンク
広告大

何でこうなった?結局は慣れ?遊び感覚で顔にお湯が掛かるのに慣れさせる!

何故娘がお湯が顔に掛かるのが嫌なのか、思い当たるのは1歳過ぎてから1度、頭からお湯を掛けるというのを試してみた事がありその時にギャン泣きして以来私も旦那さんも臆してしまった…というのが原因かなと思います。ギャン泣きに負けず根気よく続けていれば克服出来たのかもしれませんが、完全に娘の涙にやられてしまいました。

それ以来髪の毛を洗う時は赤ちゃん抱っこ…大事に大事にお姫様抱っこ…。しかしこのままではいつまで経っても水に顔がつけられません!いやいずれは必ず出来るようにはなるんでしょうが、来年からは幼稚園にも通わせたいですしやわやわなままでは駄目だ!と旦那さんと話し、娘が顔にお湯が掛かっても大丈夫になって貰おうと決意。

ですが、ギャン泣きは避けたい!(駄目親)

なので遊び感覚で恐怖心を与えないように、キャピキャピしながらシャワーを掛けてみました。前にシャワーのお湯が顔に掛かった時も泣き叫んでいたのですが、今回はキャピキャピしながら笑顔で遊ぶよ〜みたいな感じでシャワーを掛けてみました。要は気分の問題ですが、なんと成功!こんな単純な事で…しかし単純な娘に感謝!

やったーと喜んでいたのですが、次の日にはまた嫌がり。けれど泣きはしなかったので今回は続けられそうです。

一歩前進した娘のお風呂事情。

娘がお風呂で頭からザバーっとお湯を掛けられる日とプールで水に顔をつけられる日が来たらまたご報告したいと思います。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です