初めての出産後と2人目出産後の違い。やはり大きな違いは慣れ⁉︎

私は2012年に長女、2014年に長男を出産しました。

一人目出産直後はハイになりテンションも高かったですが、退院後異常な孤独感に襲われました。寝不足が大きな原因かもしれませんがともかくこの孤独感が非常に辛かったのを覚えています。これがホルモンバランスの崩れ?と感じつつ特に夜が来るのが怖かったです。

備忘録も兼ねてまとめてみました。一人目と二人目の違い、これから初めての出産の方に役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
広告大

一人目出産とにかく眠い。それなのに眠れない。自分の時間が突然なくなる。分かっていた事なのに辛いと感じる

一人目出産は予定日ピッタリでした。産まれて来たのは女の子。凄く可愛い。ちょうど一年前に大好きな祖母を亡くしていましたので新しい命に産まれて来てくれてありがとう、と心から感謝をしました。入院中は訪ねて来てくれる親戚や友人の対応を楽しくこなせていました。気がかりは娘がおっぱいを咥えてくれない事。出産直後に湧いて出る程の母乳が出なかった事に加え、私の乳首の形が悪かったのか、娘も上手に咥えられませんでした。それでも産院に入院中は助産師さんや看護師さんの手助けもあり、そんなに深刻に考えていませんでした。

しかし退院後は助言をくれた助産師さんも看護師さんも居ません。実家に里帰りしていましたが、母は私をミルクで育てていたので母乳育児のアドバイス等はなく、私も弱音を吐く事が出来ませんでした。

乳首に被せる器具をつけて授乳をしてほんの少しずつですが母乳を飲んでくれるようになったのが退院から数週間。乳首から吸ってくれるようになったのは生後1カ月ぐらいだったと思います。とにかく母乳に取り憑かれていたように必死でした。娘が上手く母乳を飲んでくれないと悲しくて悲しくて。そして娘が泣けば周りから「おっぱいが足りないんだ」と言われ密かに泣いて。本当に気が狂いそうでした。

夜も思うように眠れず、当然のように自分の時間もない。出産前に雑誌等で出産後はホルモンバランスの乱れから心身のバランスを崩しやすいと見たはずなのに、頭では分かっているのに辛くて堪りませんでした。こんな事で子どもを育てていけるのだろうか、永遠に乳児期が続くんじゃないか、なんて今となってはあり得ないような事まで考えていました。

朝は良いのに、夜が怖い。娘と二人きりで、いつまで泣くのか分からない夜を迎えるのが怖かった覚えがあります。

そんな状態から段々と良くなっていったのは産後2ヶ月程経ってからだったと思います。少しずつ、少しずつ娘が寝てくれるようになり、昼間はミルクを足さなくてもご機嫌な時間が増え、生活のペースを掴めるようになると私の心のバランスも安定して来たように思います。

二人目妊娠。期待と不安入り混じる産後

そして2014年に二人目妊娠、長男出産となるのですが、二人目妊娠中よく考えていたのは「また娘の時のような状態になったらどうしよう」という事でした。しかし悩むより生むが易し。

経験がものをいう。一度娘の時のような状態になったという経験は私の中で財産になっていました。

きっとまた最初は赤ちゃんが上手く吸えないだろうからと退院後すぐに使えるように出産前に乳首につける器具を用意し、おっぱいも湧いて出るような事はないと開き直りました。

おっぱいが足りなければ堂々とミルクを足して、おっぱいだけに頼るのはやめよう。

娘の時私を追い詰めていたのは母乳育児だったのでしょう。ともかく最初のうちはおっぱいは出ないもの、赤ちゃんも上手くおっぱいを吸えないだろうと思う事にしました。

予定日から遅れる事二日。無事に産まれて来てくれた息子はやっぱりおっぱいを上手に吸えませんでした。私の乳首の形が吸いやすい形だったら…私がもっと母乳を出せたら…全く考えなかった訳ではありませんが、気にする事はやめました。

退院後、やはり孤独感に襲われましたがこれは娘の時にも経験しています。時期を過ぎれば落ち着くはず、と息子の成長を見守りながら日々を過ごしました。

娘の時にはミルクを足すのも慎重でしたが、息子の時はおっぱいの後にミルクを必ず足していました。

夜になるのも憂鬱に感じますが、悲しいかな既に寝不足に慣れている体ですので然程辛くもありませんでした。

私の場合原因は母乳育児への執着+寝不足

多分私がホルモンバランスを崩して更に心の調子を崩したのは寝不足の中母乳育児にこだわり過ぎた事が原因だと思います。娘がおっぱいを飲んでくれないだけで悲しくて悲しくて泣いて落ち込んでいました。今思えば可笑しいですが当時は必死で、頭の中は、おっぱいだけで一日過ごしてみたい…おっぱいだけで娘が機嫌良くなるぐらいお腹いっぱいにさせたい。こんな事ばかり考えていました。

育児に大正解というものはないと思うので、母乳だからミルクだからとこだわらなくて良かったのだと思います。

今母乳育児に頑張り過ぎて悩んでいる方が居たら、辛い時はミルクに頼って旦那さんに頼って良いと思います。自分に楽をさせてあげて下さい。自分を可愛がれるのは自分しかいません。少しでも楽になるな、という所まで居眠りだってして下さい。

そして今しかない可愛い子どもの小さな時期を笑って過ごして下さい。それが一番心の栄養になると思います。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です