私の知っているハイハイじゃなかった!発達の心配をした日々

現在2歳の娘。私達夫婦にとって初めての子どもです。小さくて力強い命。守っていかなければならない大切な存在です。

大切だからこそ気になるのはその成長。

人間の赤ちゃんは産まれてからすぐに立ち上がったりはしません。よく1歳までの成長が目まぐるしいと言われますよね。大人の1年間と赤ちゃんが1歳になる1年間は同じ1年でも全く違うような気がします。

赤ちゃんは1年間で首が座って、腰が座っておすわりして寝返りしてハイハイして、つかまり立ち、早い子はつたい歩きを終え歩いたりします。

娘の大事な1年間、私は喜んだりモヤモヤしたり感情が大忙しでした(笑)

スポンサーリンク
広告大

寝返りを全くせず、腹這いを嫌がった娘。いざりばい?シャフリングベビー?それは発達に関係あるの?

首座りは3ヶ月頃で、お座りも7ヶ月頃には出来るようになっていました。ですが娘はこの間も寝返りをしなかったのです。腹這いにさせて遊んでみますが、機嫌の良いのは5分ぐらいであとは泣いて嫌がって終わりです。保健師さんに相談しましたが寝返りはしなくても良い、腹這いも嫌がるなら無理にさせなくても良い、と言うので私も無理矢理にする事はしませんでした。しかし同じぐらいの月齢の子達は寝返りごろごろ、腹這いでズリズリと移動を開始しています。

娘はいつ寝返りをするんだろう?いつハイハイなどの移動手段を使えるようになるんだろう?とモヤモヤしていました。ネットで検索しては、娘などこか変わっているのかなーなんて心配までして。

お座りが完成して暫くすると娘は奇妙な動きを始めました。座ったまま手だけを使ってお尻を擦って移動しています。これはハイハイ?しかし私の知っているハイハイは四つん這いのものでしたので、なにか違う。

母に見て貰うと『いざりばいだよ』と言います。こういう移動手段を覚えた娘は四つん這いのハイハイもせずに成長する事になりました。健診などでいざりばいについて何度も小児科の先生や保健師さんに相談しましたが、心配ない、問題ないと言われ、私も娘はこういう成長なんだと気にしないようにと思いましたが、やはり心配してしまいます。

ネットを見ればシャフリングベビーなんて可愛らしい名前までついています。そしてシャフリングベビーを調べると発達が遅れる場合があると書いてある記事も見つけました。歩き始めや言葉の遅れ…益々心配になりますが、何度遊びの中で娘にハイハイの仕方を教えて見ても四つん這いにはなってくれませんでした。

元気ならばそれで良いと開き直り娘の発達を見守る事にしました。

シャフリングベビーのその後。実際の発達

今2歳の娘ですが、いざりばいからつかまり立ちをしたのが9ヶ月の時でつかまり立ちからほぼ同時につたい歩きも始めました。ひとり立ちは1歳2ヶ月で、ひとり立ちした2日後に歩き始めました。これだけを見るとうちの場合は決して遅い方ではなく、標準ぐらいだと思います。

ただし、母子手帳を見返すと1歳6ヶ月健診の際に言葉の遅れで引っかかっています。5つの単語が出ませんでした。パパママぐらいしかちゃんと言えなかった記憶があります。言葉に関してはその後もゆっくりでひと月に2、3個新しい単語が出るかなーといった程度でしたが、2歳のお誕生日を迎えた後に急に毎日毎日違う単語が出るようになり、すぐに二語、三語と単語を繋げてお話が出来るようになりました。

いざりばいしたからといって、うちのように発達が周りの子と比べても大差ないという場合もありますので今心配しているママさんがいたら一人で考え込まずに保健師さんに相談したり周りの人に話を聞いて貰って下さいね。

一人目がシャフリングベビー。じゃあ二人目は?

これはあまり心配が要らないかもしれませんが、一応うちの場合を書いておきます。

例え血が繋がっていたとしても一人一人成長は違うはずです。うちの二人目男の子は現在ズリバイ全盛期です!寝返りは4ヶ月、7ヶ月の時にはすっかりお座りが完成しズリバイを始めていました。もうすぐ四つん這いのハイハイになりそうなのと、つかまり立ちが完成しそうな感じです。どこまでも移動して行く息子を、娘と二人で制止してまわる日々でございます(笑)

子どもの発達には喜び心配が付きものですが、これからも二人の様子を見ながら育児に励みたいと思います。何せ私は二人の専属マネージャーですから(笑)

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です