神様のどぶろくを有り難く頂く『白鬚田原神社のどぶろく祭り』10月17日、18日開催!

このお祭りも昔から行っているのですが、今年もじいじ、ばあばと行く予定です!

ええ、そうです、私がハンドルキーパーです(笑)

大分が誇る奇祭のひとつといってもいい大田「白鬚田原神社のどぶろく祭り」。

毎年10月17日、18日の大祭に氏子たちによって仕込まれたどぶろくを五穀豊穣を感謝して神様に捧げるという神事が和銅3年(710)から1300年以上も続いている。

お楽しみはそのどぶろくが年にたった1度、この日に限って参拝者にも振舞われること。この有難い神酒を求めて全国から大勢の人が詰めかける。車に乗って遠方から訪れる人のために最近では“お持ち帰り”が許されるようになった。

そもそも酒の醸造そのものが許可なしでは許されない現法の中でこの祭りが続けてこられたのも、古来から中断することなくこの神事が続いてきたため。氏子たちは9月25日の「醸造始めの儀」に始まり、古くから少しも変わることなく伝えられて来た伝統の儀式にのっとってしめやかにどぶろくを醸して行くのである。有難いどぶろくをいただきながら、地域の人たちの篤い信仰に触れる、そんな行事でもある。

スポンサーリンク
広告大

1300年も続く奇祭!現代では町を上げての楽しいお祭りに!

この白鬚田原神社のどぶろく祭り、杵築市にある白鬚田原神社の秋の例大祭で、参拝者に無病息災と長寿の印として乳白色のどぶろくを振る舞います。

1300年もの長い間続く奇祭、どぶろく祭りは九州では唯一ここ白鬚田原神社だけです。
日本でも珍しい民俗行事で、県選択無形民俗文化財に指定されています。

まず車で行くと、白鬚田原神社の手前で警備員の方がどぶろくお持ち帰り用の引換券をくれます。

これはハンドルキーパーの方用のものです!つまり私の物です(笑)

授乳中ですが、非常に御利益のあるものですので、帰ったら口を付けたいと思います。

子どもにはちときつい階段を上ると本殿があります。そこで参拝を済ませてからどぶろくを頂きに並びます。人が多いと結構並びます。

こちらでお持ち帰り用のどぶろくも配られていますので、引き換えて貰います。

何度も並んで酔っているおじさんもいます(笑)

どぶろくを頂いた後は腹ごしらえ!

神社周辺では出店が出ていて子ども達も楽しめ、飲食出来る場所もあります。

ちなみにうちの家族は毎年みかんの詰め放題を買って帰ります。おじさんがとても愉快なのです。

おまんじゅうや、つきたてのお餅などもあり胃袋も楽しめます(*^^*)

【開催日】2015年 10月17日(土)・18日(日)

【開催地】杵築市大田 白鬚田原神社

【問合わせ先】杵築市役所 大田振興課(電話:0978-52-2222)

おじいちゃんやおばちゃんと一緒に行っても楽しめますよ〜!

運転手の方もお持ち帰り用のどぶろくがあるのでいつも運転だけって方も後でどぶろくをたっぷり堪能出来るお祭りです!

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です