いつでもパパを意識!寝る前の『おやすみなさい』にプラスアルファの魔法の言葉!

皆さんのお宅のパパさんは帰りがおそいですか?

職種にもよると思いますが朝から働きに出て晩御飯に間に合うよう帰宅する方もいれば、夜遅かったり、午前様だったり、何なら夜勤があるパパさんもいるかもしれませんね。

帰る頃は子どもも寝ていて平日は触れ合う機会が少ない…なんていうのも珍しくないと思います。

その分休日はたっぷりゆっくり子どもさんと触れ合いコミュニケーションを取っているとは思いますが、平日のおしゃべり触れ合いタイムが少ないと『俺ってば平日は子どもに忘れられてる?』と不安になったり…え?ならない?おや、おかしいな(笑)うちの旦那さんだけ?

同意を得られないと話が先に進まないのですが(笑)うちの旦那さんは寂しがりやなのです。そして夜は仕事で帰りが遅い事も多い。

もちろん夕飯に間に合う時もありますが遅い日は子どもが寝入った午後9時以降の帰宅もあります。

平日子どもと触れ合えない=寂しい=俺忘れられてない?となる訳です。

それに加え、娘が3歳を過ぎて言葉も達者に、幼稚園に通うようになってからは感情表現がどんどん豊かになっていき、旦那さんがたまに早く帰って来て娘と遊ぼうとしても機嫌の悪い時には旦那さんに行かなくて、なんならお菓子をくれないとかそういうささいな理由だけで「もうパパ嫌い!」とか言うように。

もちろん言葉で諭してはいますが、パパも可愛いがって来た娘に嫌いと言われてはシュンとします。

触れ合いが足りないからじゃ?と旦那さんは思っていますが私から見れば単純にお昼寝してなくて夕方機嫌が悪く、自分の思い通りにならないからワガママになって旦那さんに八つ当たりしているだけに見えます。

ママは怖いから下手な事言えないけど(笑)優しいパパならちょっとワガママしても怒られないと思うのですね。

子どもであれば良くある事です。

ある意味旦那さんに甘えている行為なのだけど旦那さんは平日子どもと触れ合う機会が少ないからそれを「甘え」と言って私が慰めてもあまりピンと来ない様子。

そこで旦那さんと触れ合えない平日も子どもに『パパ』を意識させて、旦那さんに喜んで貰おう!と考えたのです。

スポンサーリンク
広告大

寝る前だけ実践!『パパお仕事だけどお休みなさい』

パパを意識させると言っても四六時中パパのお面を被って子どもたちの前に立つわけにはいきません。確実に泣かれます。『ママはどこ⁉︎』と逆効果です。

やはり言葉

言葉に勝るものはないかな、と考えついたのが寝る前の『おやすみなさい』です。

おやすみ、は小さな頃から眠る前の習慣の様に言って来ました。

普段は寝る前、布団の上で横になり電気を消して

  • 『◯◯ちゃんおやすみ』←娘の名前
  • 『◯◯くんおやすみ』←息子の名前

すると娘は「おやすみなさい」と返事をします。

息子はまだ1歳で何が何やらなので無言です(笑)しかし寂しいので私か娘が裏声で息子の役をし「おやすみ!」と言います。

話が逸れましたがこんな感じの毎日の習慣に1つ足す事にしました。

旦那さんの帰りが遅い日は当然寝室にも居ない訳ですから旦那さんの分のおやすみなさいは無い訳です。

しかしパパを意識して貰おうと『おやすみなさい』を居ない旦那さんにも言う事にしたのです。

子どもに言っても小難しいだけなんですがようは「離れていてもいつも心は一緒だよ」作戦です(大袈裟)

『◯◯ちゃんおやすみ』

『◯◯くんおやすみ』

この次に私が『パパはお仕事でいないけどおやすみなさい』と付け加えました。

そして「はい、パパにもおやすみなさいは?」と言うと娘はよく分かってはいないながらも『パパおやすみ』と言ってくれました。

これを数日繰り返し、ある日

『◯◯ちゃんおやすみ』

『◯◯くんおやすみ』

の恒例の挨拶の後『パパは?』と聞くと娘自ら『パパはお仕事だけどおやすみなさい』と言うようになりました。

刷り込みの力です(笑)

そんなこんなでこれが日課になってまだ1ヶ月も経ちませんが娘に変化が出て来ました。

パパはいつ休み?いつ一緒に寝れる?と聞いて来るように。そして旦那さんは目元を緩ませる(笑)

今日までもこれからも続けていくつもりですが、娘に起きた変化は

  • パパいつお休み?パパといつ一緒に寝れる?と聞いて来る。
  • 旦那さんがお休みの日には「パパと一緒に寝るー!」と宣言

元々パパに甘えるのは大好きな子でしたがパパがいつお休みとかいうのはあまり聞かれた事がなかったのでこんな事言うのかぁと意外でした。お休みの日に目一杯甘える気なのでしょうか。

それから、おやすみなさいの魔法の言葉を日課にしてから旦那さんの居る日に「今ね寝る時にあなたが居ない日こんな事してるんだー」って言って娘に「パパお仕事だけどおやすみなさい」と目の前で言わせたらフニャフニャになりました(笑)

目尻下がり過ぎ!ってぐらいにフニャッと笑っていました。あの旦那さんの嬉しそうな顔、忘れられない(笑)

これで娘がパパッ子になったかと言うと…そうでもないですが(笑)うちの旦那さんは寂しがりやだから『心は1つだよ(大袈裟)』という所を刺激したら満たされて満足したようです(^^)

うむ、単純な旦那さんであります(笑)

皆さんもご家庭ならではの魔法の言葉を作ってみてくださいね!柔軟性があり覚えも良い子どもならではの嬉しい変化が見られるかもしれませんよ!

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です