幼稚園児の怪!『うれしいひなまつり』の歌詞…お内裏様とお雛様、二人並んでスガシカオ!?

3月になりましたね!

3月といえば『ひなまつり』

皆さんひな祭りと言えばあの歌、ちゃんと歌えますか?

ohinasa

スポンサーリンク
広告大

うれしいひなまつり

あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひなまつり

お内裏様(だいりさま)と おひな様
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした 姉様に
よく似た官女の 白い顔

金のびょうぶに うつる灯(ひ)を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒 めされたか
あかいお顔の 右大臣

着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも はれ姿
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひなまつり

うん、うん、この歌。実は私は「かすかにゆする 春の風~」からを知りませんでした。

正確には自分も子どもの頃は幼稚園なんかで歌っていたのかもしれませんが、既に忘れています。恐ろしい記憶力の低下!

この歌は童謡作詞家のサトウハチロー(山野三郎)氏が1935年(昭和10年)娘さんにひな人形セットを買ってあげた前後に作詞されたものだそうです。題名からも歌詞からもひな祭り・雛人形の事を歌っているものだと分かりますね。

サトウハチロー氏にはお姉さんがおり、嫁ぎ先が決まった直後に結核により18歳という若さでこの世を去ります。このお姉さんへの思いが「お嫁にいらした 姉様」という歌詞に込められているようです。

そして男雛、女雛を『お内裏様、お雛様』と呼ぶのはこの歌から広まったそうです。

日本では知らない人はいないのでは?というぐらい広まっている曲ですが、雛人形を歌った内容としては不正確な描写があるようで作詞者のサトウハチロー氏はあまりこの曲を好んではいなかった、とされています。(うれしいひなまつり)

と、まぁ作詞者ご本人があまり好みでなかったこの曲が作詞した曲の中でもっとも歌われる楽曲となった訳ですが、今回のブログではそういう事を書きたかったわけではありません(このくだりはなんだったんだ)

娘の歌詞間違えを伝えたかっただけ!

そういうわけで女の子がいるご家庭では既におひな様を飾って、今週はご家族揃ってひな祭りですかね?

うちにも4歳の娘がいます。現在幼稚園児です。

幼稚園では季節のイベントをとても大事にします。

ですからイベントが近付いて来るとそれにちなんだお歌を歌うので娘は覚えたての歌を家で披露してくれます。

子どもの吸収力は凄まじく、音程もきちんと合っていて上手に歌ってくれます。

しかーし、歌詞はというと……まだ文字を読むというのが上手ではないので耳から入って来たものをそれっぽく歌うので間違っている事もしばしば…。

2月の間に幼稚園ではひな祭りの為に皆で『うれしいひなまつり』を練習しているようで、2月の後半には自宅でも覚えたての歌を娘がよく口ずさんでいました。

うれしいひなまつり、と言えば先程も書きましたが『あかりをつけましょぼんぼりに~』から始まるひな祭りの定番曲。

娘はご機嫌な時に大きな声で聞かせてくれます。日に日に歌詞もはっきりと歌うように。

そして昨日、お風呂中。

娘の一番機嫌の良いその時。

『あかりをつけましょぼんぼりに~』歌い出しました。可愛い歌声に私の頬も緩み、一緒に歌います。

『お花をあげましょ 桃の花

五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひなまつり

お内裏様(だいりさま)と おひな様
二人ならんで すがしかお
お嫁にいらした 姉様に』

……うん!?

「ちょ、ちょ、ちょ、娘ちゃん、もう一回最初から歌おう」

聞き間違いかと思って最初からを要求。娘の了承も得ず次は私から『あかりをつけましょぼんぼりに~』と歌い出しました。

娘も仕方なしに最初から歌ってくれます。

『お花をあげましょ 桃の花

五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひなまつり

お内裏様(だいりさま)と おひな様
二人ならんで すがしかお
お嫁にいらした 姉様に』

スガシカオ

!?

やっぱり言った!?すがしかおって言った!スガ シカオだ!歌手のスガ シカオさんだ!

この時私は子ども2人をお風呂に入れていました。旦那さんは不在。

子どもたちはスガシカオさんを知りません。まだテレビでもスガさんを見た事がないのです。

『やっぱり言った!?すがしかおって言った!』

私の叫びは虚しく浴室に響いたのです。

この気持ちを誰かと分かち合いたい!娘の可愛い歌詞間違えに笑ってくれるのは同世代の旦那さんだ!

早く旦那さん帰って来ないかな…ソワソワしながら帰りを待ちます。

旦那さんを待って焦がれるような思いは新婚以来。

「ただいまー」

帰って来た!

玄関にかけていき、旦那さんに興奮気味に話します。

「とにかく娘ちゃんの歌を聞いて」

旦那さんの顔は仕事で疲れ切っており、ゲッソリ。

それなのに娘の歌を玄関で聞けと言う。

拷問のようなもんです(笑)

パジャマ姿の娘は歌を披露出来るので張り切っています。

私は娘の歌詞間違えを期待してニヤニヤ。

旦那さんはお風呂に入りたそう。

交錯する3人の思いを乗せ娘は歌い出します。

『お花をあげましょ 桃の花

五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひなまつり

お内裏様(だいりさま)と おひな様
二人ならんで すましがお
お嫁にいらした 姉様に』

な ん だ と ⁉︎

何故か間違えずに歌えました。

私は必死に旦那さんに「スガシカオって言ったんだよ」と説明。

旦那さん「上手に歌えたねー!風呂入っていい?」

はいすみません。

こうして私が盛大な大すべりをかましたような状態になりました。

可愛い可愛い娘の歌詞間違い。

何故か正しい歌詞に戻っていましたがひな祭りの日にはまた可愛い間違いしてくれないかなぁと期待しています。

皆さま、よいひな祭りを!

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です